★ふるさとの味(えびマヨネーズ)
マヨネーズの量は好みで

◇材料(4人分)
むきエビ      20本
玉ネギ     4分の1個
パプリカ(赤)    1個
オレンジ       適量
パセリ        適量
揚げ油        適量
※調味料
マヨネーズ    大さじ4
コンデンスミルク 大さじ2
ケチャップ    小さじ1
塩コショウ      少々
※付け粉
片栗粉      大さじ1
小麦粉      大さじ1
卵白         1個
塩          少々
サラダ油       少々
◇作り方
@玉ネギはみじん切りにし、パプリカはさいの目切りにします。
Aボールにむきエビを入れ、付け粉を加えて混ぜ合わせたあとサラダ油を絡め、170度の油で揚げます。
BAと別のボールに、量った調味料を入れて混ぜ合わせます。このとき、フライパンで玉ネギを炒め冷ましておいたものを加えます。
CAをBに入れて混ぜ合わせ、半月切りにしたオレンジを敷いた皿に盛ってパセリなどを添えてできあがりです。
◇ポイント マヨネーズの量を加減して自分好みの味付けでいただきます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(海鮮中華丼)
あんの加減に注意

◇材料(4人分)
玉ネギ    1個
ピーマン   1個
キクラゲ   4個
ハクサイ   2枚
ホタテ    4個
イカ     1枚
むきエビ   4本
ヤングコーン 4本
紅ショウガ  適量
※調味料
スープ        カップ4
おろしニンニク  大さじ1/2
うま味調味料     小さじ1
しょうゆ       大さじ1
酒          大さじ1
ラー油        小さじ1
ゴマ油        大さじ1
サラダ油       大さじ1
水溶き片栗粉       適量
塩コショウ        適量
◇作り方
@玉ネギ、ピーマンは乱切り、ハクサイはそぎ切りにし、キクラゲは二つに割り、ヤングコーンは半分に切ります。ホタテは1個を半分に切り、イカは松葉切りにします。
Aフライパンにサラダ油を敷き、生ものから順に入れて炒めます。
BAにある程度火が通ったら野菜の硬いものから順に炒め、スープを入れます。
C調味料を加え、味を調えてひと煮立ちさせ、水溶き片栗粉を入れてほどよい硬さのあんにします。
D器に盛ったご飯にかけて、お好みで紅ショウガを添えていただきます。
◇ポイント 水溶き片栗粉は一度に入れるとダマになるので、2〜3回に分けて加えます。おたまなどで混ぜている間にも固まるので、加減に気をつけましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ヒラメバター焼き)
仕上げにサラダなど添えて

◇材料(4人分)
ヒラメ          8枚
ミックス野菜      適量
スパゲティーサラダ 適量
レモン(スライス)   4枚
ミニトマト        4個
※調味料
小麦粉            適量
塩コショウ          適量
バター      1センチ角4個
オリーブオイル     大さじ2
酒(もしくは白ワイン) 大さじ2
◇作り方
@ヒラメは5a四方に切り、塩コショウをして小麦粉をまぶしておきます。
Aフライパンにオリーブオイルを敷いてヒラメを入れ、7〜8割火が通ったらバターを加えます。
B軽くきつね色になったら仕上げに酒(もしくは白ワイン)を回しかけ、器に盛り付けて出来上がりです。
◇ポイント 付け合わせにミックス野菜とスパゲティーサラダを添えていただきます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(アンコウのとも和え)
身は中まで火を通す

◇材料(4人分)
アンコウの身、皮、胃袋 1キログラム
アンコウの肝(肝臓)  300グラム
長ネギ         2分の1
※調味料
みそ     100グラム
酒      大さじ3
うま味調味料 小さじ1
しょうゆ   小さじ1
塩      適量
◇作り方
@アンコウは鍋にお湯を沸かして中までしっかりと湯がいてザルに上げ、冷まします。
A@から身と皮と胃を分け、それぞれ食べやすい大きさに切ってボウルに入れておきます。
B別のボウルにアンコウの肝を入れ、調味料を加えてよく混ぜます。
C味を調整してAを入れ、小口切りにした長ネギを加えて混ぜ合わせます。
D最後に味を見て、器に盛り付けて食べます。
◇ポイント 身などは中まで火を通して冷まして使ってください。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(山菜天麩羅)
揚げ上がりに油温上げて

◇材料(4人分)
ウドの芽      適量
タラの芽      適量
シイタケ      適量
コゴミ       適量
ギョウジャニンニク 適量
大根おろし     適量
おろしショウガ   適量
つけ小麦粉     適量
揚げ油       適量
※天ぷら衣
水   カップ1
小麦粉 カップ1
卵     1個
◇作り方
@材料は洗わずにきれいに掃除し、一度小麦粉を付けておきます。
A揚げ油を160〜170度に熱し、天ぷら粉を付けた材料を入れて揚げます。
B油から上げる直前に火力を強くして温度を上げ、皿に並べて食べます。
◇ポイント 材料を水で洗うと、隙間に水が入り込み油が跳ねる原因になります。揚げる最後に温度を上げるとカラリと揚がり、油切れもいいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(山ぶきとホタテ煮)
生干しニシン入れても美味

◇材料(4人分)
ホタテ   4個
山ぶき   8本
白ゴマ 小さじ1
一味唐辛子 少々
※天ぷら衣
だし汁  カップ4
しょうゆ カップ1
みりん  カップ1
酒    100cc
砂糖   50グラム
ゴマ油   大さじ2
◇作り方
@ホタテはボイルしてうろを取り除いておき、大きいものは半分に切ります。山ぶきはゆでて皮を剥き、3センチぐらいの長さに切ります。
A鍋にゴマ油を入れて火にかけ、熱くなったところで山ぶきを入れて炒めます。
BAにだし汁を入れ、ホタテを加えてひと煮立ちさせたあと、しょうゆ、みりん、酒、砂糖を入れて中火で煮ます。
C材料に火が通ったら味を確かめ、整ったところで一味唐辛子を入れ、仕上げに白ゴマを振って出来上がりです。
◇ポイント 生干しニシンを入れて煮てもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(天むすび)
ご飯少なめで巻き簡単に

◇材料(4人分)
のばしエビ                    4本
のり                        4枚
ご飯                   480グラム
市販の焼き鳥のタレまたはウナギのタレ 適量
揚げ油                      適量
※天ぷら衣
小麦粉 カップ1
卵     1個
水   カップ1
◇作り方
@小麦粉、卵、水を合わせて天ぷら衣を作ります。
Aエビに@をつけ180度の油で揚げエビの天ぷらを作ります。
B焼き鳥のタレまたはウナギのタレを深めの器に入れ、Aを入れて転がしまんべんなくタレをしみこませます。
Cのりは1枚を3分の1にカットしてご飯を敷き、タレをつけた天ぷらを載せて巻きます。
D皿に盛り付けて完成です。
◇ポイント 巻くのが苦手で不安な人は、ご飯を少なめに載せて巻くと簡単です。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カレイ山賊焼き)
バターでさらにおいしく

◇材料(4人分)
カレイ切り身  4切れ
玉ネギ   2分の1個
ニンジン スライス4枚
ブナシメジ 2分の1株
タケノコ     4本
※甘みそ
砂糖 100グラム
酒    18cc
みりん  18cc
みそ 120グラム
◇作り方
@玉ネギ、ニンジン、タケノコは千切りにし、ブナシメジは細く裂いておきます。
A鍋に砂糖、酒、みりんを入れ、火にかけながら溶かし、みそを加えて一煮立ちさせて甘みそを作ります。
Bカレイの切り身の両面に塩コショウを振り、クッキングシートを敷いたレンジパンに並べます。
C@をボウルに入れ、甘みそ大さじ4を入れて混ぜます。
DCをカレイの上に載せ、220度のオーブンレンジで10分焼き、器に盛り付けていただきます。
◇ポイント 甘みそを載せたカレイにバターを一かけ載せて焼くとさらにおいしくなります。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(白魚卵とじ)
煮すぎに注意

◇材料(4人分)
白魚 400グラム
玉ネギ    1個
生シイタケ  2個
三つ葉    1束
卵      4個
※調味料
だし汁     4カップ
酒       1カップ
みりん     1カップ
しょうゆ    1カップ
市販のだしの素 大さじ1
◇作り方
@玉ネギ、生シイタケは千切りにし、三つ葉は食べやすい大きさに切っておきます。卵はボウルに入れ、溶いておきます。
A玉ネギ、生シイタケを鍋に入れ、その上から白魚を敷きます。
Bだし汁を鍋の具材にかぶる程度に入れ、火にかけて煮立ってきたら溶き卵を流し入れます。
C卵が半熟程度になった段階で火を止め、三つ葉を入れたあとふたをして蒸らします。
D器に盛り付けていただきます。
◇ポイント 煮すぎると白魚が硬くなるので注意しましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ポークチャップ)
ソースは煮詰めない

◇材料(4人分)
豚ロース肉 480グラム
バター    20グラム
サラダ油    大さじ1
赤ワイン    大さじ1
塩コショウ     適量
小麦粉(付け粉)  適量
キャベツ      適量
ニンジン      適量
キュウリ      適量
玉ネギ       適量
スパゲティーサラダ 適量
オレンジ      適量
※調味ソース
トマトケチャップ 大さじ4
砂糖       大さじ1
おろしニンニク  小さじ1
日本酒      大さじ1
トンカツソース  大さじ1

◇作り方
@豚ロース肉は120cのスライスにし、筋切りをして塩コショウを振り、小麦粉をまぶしておきます。キャベツ、ニンジン、玉ネギは千切りにし、キュウリは半月切りにします。調味料はボールなどに入れ混ぜ合わせておきます。
Aフライパンにサラダ油を敷き、温度が上がったら豚ロース肉の表になる面から焼き、表6、裏3の割合で火を通します。
BAにバターを入れ、溶けたところに調味ソースを流し入れてよく絡めます。
C焼き上がりに赤ワインを回し入れて仕上げます。
D皿に野菜などを盛り付け、食べやすい大きさに切った肉を並べた上からフライパンのソースをかけます。櫛(くし)切りにしたオレンジを添えてできあがりです。

◇ポイント 調味ソースは油断するとすぐに煮詰まるので気をつけましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(鶏モモオイル漬け)
ソースをよく絡めて

◇材料(4人分)
鶏モモ肉     2枚
玉ネギ      1個
赤パプリカ 4分の1個
ピーマン     1個
輪切りレモン   4枚
レタス      適量

※カルパッチョソース
酢         大さじ4
サラダオイル  大さじ2
オリーブオイル 大さじ2
おろしニンニク  小さじ1
粗挽き塩コショウ  少々

◇作り方
@鶏モモ肉は1枚を半分に切り、塩コショウを振っておきます。玉ネギ、ピーマンは輪切りのスライス、赤パプリカはみじん切りにします。
A鶏モモ肉は一度オーブンで焼き、取り出して食べやすい大きさに切っておきます。
BAの上に切った野菜を彩りよく盛り付け、上からカルパッチョソースをかけ、1時間から半日程度置いてソースの味をしみこませます。
Cレタスを敷いた皿に盛り、輪切りレモンを添えて食べます。

◇ポイント 鶏モモ肉はカルパッチョソースをかけて一定時間置く際に、ソースを絡めながら何度か上下に返すと味がなじみ、よりおいしくいただけます。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ホタテスパゲティ(ボンゴレ風))
野菜の食感残して

◇材料(4人分)
ゆでスパゲティ 60グラム
ホタテ      中玉6個
タマネギ       1個
ピーマン       1個
おろしニンニク  小さじ1
オリーブオイル  大さじ2
サラダ油     大さじ1
バター     20グラム
白ワイン     大さじ2
塩コショウ      適量

◇作り方
@タマネギ、ピーマンは千切りにし、ホタテは半分にカットします。スパゲティはゆでて湯切りし、オリーブオイルを絡めておきます。
Aフライパンにサラダ油を敷いて熱し、熱くなったらホタテ、タマネギ、ピーマンの順に入れて炒めます。
BAが炒め上がったところにバター、おろしニンニク、スパゲティを加え、具材を絡めます。
C塩コショウで味を調え、火から下ろす直前に白ワインを回し入れて器に盛り付け、いただきます。

◇ポイント 野菜を炒めすぎないように気をつけ、野菜のパリパリ感を残すようにしてください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カニ入り五目あんかけ焼きそば)
あんの硬さに注意

◇材料(4人分)
中華麺      4玉
ハクサイ     2枚
ピーマン     2個
シイタケ    大2個
タマネギ    中1個
ニンジン  4分の1本
エビむき身 80グラム
カニむき身 80グラム
豚肉   100グラム
タケノコ     2本
紅ショウガ    適量
ウズラの卵    適量

※調味料
うま味調味料    小さじ1
だしの素      大さじ1
おろしニンニク   小さじ1
酒         大さじ1
しょうゆ      大さじ1
水(またはだし汁) カップ4
ゴマ油       小さじ1
水溶き片栗粉      適量
塩コショウ       適量

◇作り方
@ハクサイはそぎ切りに、ニンジンは短冊切りに、ピーマンは乱切りにします。シイタケ、タマネギは千切りにし、タケノコはささ切りにします。豚肉は一口大に切り、カニむき身はほぐしておきます。
A中華麺は硬めにゆで、水洗いをしてぬめりを取ったあと水切りし、サラダ油をまぶしてザルに上げておきます。
Bフライパンに油を敷いて熱し、Aを入れてきつね色の焦げ目がつくまで焼き上げ、皿に盛り付けます。
Cフライパンに油を敷いてニンジン、ピーマン、タマネギなど火の通りにくい順に野菜を入れ、豚肉、エビむき身を入れて炒めます。
DCにカップ4の水(またはだし汁)を加え、塩コショウで味を調えてゴマ油を入れますEDに水溶き片栗粉を加え、ほどよい硬さのあんに仕上げて麺にかけて食べます。

◇ポイント 
あんを作るときは水溶き片栗粉を2〜3回に分けて加え、ダマにならないよう固まり具合に注意して調整してください。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(春鰊生姜煮(はるにしんしょうがに))
味付けは最初薄めで

◇材料(4人分)
ニシン      大2匹
生ショウガ    1かけ
だし昆布 5センチ角4枚
パセリ       少々

※調味料
砂糖   大さじ3
しょうゆ 大さじ4
みりん  大さじ2
酒    大さじ2
だしの素 大さじ1
水    カップ3

◇作り方
@ニシンはきれいに内臓を取り除き、うろこを取って水洗いしたあと半分に切ってザルに上げておきます。
A鍋に昆布を敷いて調味料を入れ、一度煮立てて味を調えます。
BAにニシンを入れて一度煮立てたあと、中火に落とします。このとき千切りにしたショウガ(おろしショウガでも良いです)を入れて煮ます。
C器に盛り、お好みでパセリを載せて完成です。

◇ポイント 
調味料は火を入れるとだんだんと煮詰まってくるので、味付けは最初薄めにしましょう。 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(かき揚げ天丼)
ご飯にもたれをかけて

◇材料(4人分)
むきエビ    8尾
タマネギ 2分の1個
ピーマン    1個
生シイタケ   2個
サーモン 50グラム
ホタテ     4個
薄力粉   大さじ4
ご飯      適量
揚げ油     適量

※天ぷら衣
水   カップ1
小麦粉 カップ1
卵黄    1個

※天丼たれ
砂糖  100グラム
酒     18cc
みりん   18cc
しょうゆ 180cc
かつお節 10グラム
水     18cc

◇作り方
@タマネギ、ピーマン、生シイタケは千切りにし、むきエビ、サーモン、ホタテはサイコロ切りにします。
A天丼たれは材料を鍋に入れて一度煮立てて鍋止めし、冷ましておきます。天ぷら衣は材料を合わせておきます。
Bボールに@を入れて薄力粉を加えたあと、天ぷら衣を入れてほどよい硬さに混ぜ合わせます。
C170度に熱した揚げ油に、ほどよい大きさにまとめたBを入れてかき揚げを作ります。
Dご飯を入れた丼にかき揚げを乗せ、Aをかけてできあがりです。

◇ポイント 天丼たれは焼き鳥のたれでもおいしいです。盛り付けるときにご飯にもたれをかけておくと、ご飯と天ぷらがよく絡みおいしくなります。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(マダラのたち煮付け)
薄味で煮込む

◇材料(4人分)
マダラたち 500グラム
生ショウガ     1個
だし昆布      1枚

※調味料
水       カップ4
砂糖      大さじ1
みりん     大さじ1
酒       大さじ1
しょうゆ  大さじ2〜3
一味唐辛子    少々

◇作り方
@たちは一度湯通しして冷水で冷やしたあと、ザルに上げて水切りをする。
A鍋に水を入れて火にかけ、調味料を入れて煮立ってきたところで味を調整する。
BAにたちを入れて10分ほど煮て鍋止めし、味を含ませる。
CBに一味唐辛子を入れ、器に盛り付けて食べる。

◇ポイント たちを入れるだし汁は煮詰まって味が濃くならないよう少し薄めて煮込んでください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味 (ベビーホタテ甘酢あんかけ)
片栗粉は分けて入れる

◇材料(4人分)
ベビーホタテ    20個
ニンジン    2分の1本
タマネギ    2分の1個
干しシイタケ     2枚
ピーマン       1個
ブナシメジ   2分の1株
レタス        適量
水溶き片栗粉 大さじ2〜3

※甘酢あん
シイタケの戻し汁 カップ4
市販のだしつゆ  カップ1
砂糖       大さじ2
ゴマ油      大さじ1
酢        大さじ2
炒め油      大さじ2

◇作り方
@ニンジンは長さ5センチにして千切りにし、タマネギ、水で戻した干しシイタケ、ピーマンも千切りにします。ブナシメジは石づきを取ってほぐします。
Aベビーホタテは天ぷら衣を付けて揚げます。
Bフライパンに炒め油を敷き、@を硬い順に入れて炒めます。
C7割ほど火が通ったところでシイタケの戻し汁を加え、調味料を入れて煮ます。
Dひと煮立ちしたら味を整え、水溶き片栗粉を少しずつ入れてあんを仕上げます。
Eレタスを敷いた器に揚げたベビーホタテを入れて、上から野菜の甘酢あんをかけて食べます。

◇ポイント 甘酢あんの味は水溶き片栗粉を入れる前に決めましょう。水溶き片栗粉は一気に入れるとダマになって固まるので、何回かに分けて入れ硬さを調節してください。(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ホルモン鍋)
煮込んで一層おいしく

◇材料(4人分)
直腸ホルモン  600グラム
キャベツ(小玉) 2分の1玉
タマネギ        1個
モヤシ     200グラム
ニラ          1束
キムチ漬け   150グラム

※鍋のたれ
市販のみそラーメン用合わせみそ 120グラム
みそ                    60グラム
スープ                    カップ6
ゴマ油                    大さじ1
おろしニンニク               大さじ1
一味唐辛子                  適量

◇作り方
@直腸ホルモンは熱湯でボイルし、煮立ったらザルに上げてぬるま湯で洗い流す油抜きを2〜3回繰り返し、下ごしらえをします。
Aキャベツ、タマネギ、ニラは食べやすい大きさに切り、モヤシを土鍋に入れます。
BAに食べやすい大きさに切ったホルモンとともに鍋のたれを加えて煮立たせて食べます。

◇ポイント ホルモンは一度よく煮込んでから鍋にすると一層おいしくいただけます。一味唐辛子はお好みで加えてください。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ハタハタ煮付け)
白子、卵と一緒でも美味

◇材料(4人分)
ハタハタ(大) 4本
ショウガ   1かけ
だし昆布 5a角4枚

※調味料
だし汁   カップ3
砂糖    大さじ2
酒     大さじ4
みりん   大さじ4
しょうゆ  カップ1
だしの素  大さじ1

◇作り方
@ハタハタは内臓、エラをきれいに取り、塩水で洗ったあと水洗いしてザルに上げ、水切りをしておきます。
A鍋に調味料とだし昆布、千切りにしたショウガを入れ、一度煮立てます。
B煮立った調味液の味を見て好みの味付けになったらハタハタを入れ、落としぶたをして煮ます。
C再び煮立ってきたら中火から弱火に火を弱めて、ョ分ほど煮ます。
D火を止めてハタハタに味を含ませたら器に盛り付けて食べます。

 ◇ポイント 鍋に調味料を入れ煮立てたところで味を加減し、自分好みの味付けに決めてからハタハタを入れましょう。白子や卵は捨てずに一緒に煮付けて食べると、よりおいしくいただけます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カスベのあら炊き)
煮こごりで一層おいしく

◇材料(4人分)
カスベのあら 500グラム
だし昆布   ゥセンチ角1枚
ショウガ   1かけ
※調味料
水      カップ5
酒      大さじ4
みりん    大さじ4
砂糖     大さじ4
しょうゆ   カップ1
うま味調味料 小さじ1
だしの素   大さじ1

◇作り方
@カスベのあらはよく水洗いしてぬめりを取り、食べやすい大きさに切ります。ショウガは千切りにします。
A水、だし昆布、千切りにしたショウガを入れた鍋にカスベのあらを加え、ひと煮立ちさせ、あくを取ります。
B調味料を酒から順に入れ、煮立ったら弱火にしてゆっくりと煮ます。
Cカズベに十分味がしみたら火を止めて冷まし、器に盛り付けます。

◇ポイント あらから出るゼラチン質が冷えて固まると煮こごりになり、一層おいしくいただけます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(サバのみそ煮)
焦がさないよう注意

◇材料(4人分)
サバ    半身2枚
ショウガ    適量
しょうゆ  大さじ1
一味唐辛子 適量
※甘みそ
みそ  120グラム
酒     大さじ2
みりん  大さじ2
砂糖 100グラム
水     2カップ

◇作り方
@鍋にみそ、酒、みりん、砂糖を入れ、弱火でゆっくりと混ぜながら溶かし、沸騰したら火を止めて冷まし、甘みそを作っておきます。
Aサバは半身を2分の1に切り、鍋に水2カップ、ショウガの千切りを入れ、煮立ったらあくをすくいます。
BAに@の甘みそを入れ、弱火でゆっくりと炊き、しょうゆ、一味唐辛子を加えてさらに煮ます。
Cみそにとろみがついたら火を止め、器に盛り付けて食べます。

 ◇ポイント サバを煮るときに入れるショウガはおろしショウガでもいいです。調味みそを入れた後は弱火でゆっくり煮ること。気をつけないと焦げ付かせてしまうので注意してください。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ヤナギタケの甘辛煮)
ゆっくり味を含ませる

◇材料(4人分)
ヤナギタケ 500グラム
キュウリ      適量
砂糖    100グラム
しょうゆ   150cc
酒       大さじ2
みりん     大さじ2
一味唐辛子     少々

◇作り方
@ヤナギタケは石づきを取り、塩水でボイルします。
A@ををお湯から取り出し、きれいに水洗いしてザルに取って水切りし、食べやすい大きさに切っておきます。
B鍋に砂糖、酒、みりんを入れて火にかけ、砂糖が溶けるまでヘラで混ぜます。
C鍋が煮立ってきたらヤナギタケを入れ、始めは強火で炊き、沸騰する前に中火にしてゆっくり炊きあげます。
D火を止めたら一味唐辛子を加え、混ぜた後冷やしてキュウリなどの野菜を添えて食べます。

◇ポイント ゆっくりと炊いて味をよく含ませましょう。煮詰まると焦げやすくなるので、調理中は目を離さないようにしましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(落葉キノコと青ナンバンのしょうゆ漬け)
冷凍して長期保存も

 ◇材料(4人分)
落葉キノコ      200グラム
青ナンバン      100グラム
大根おろし(食べるとき) 適量
※調味液
しょうゆ          200cc
うま味調味料      小さじ1

 ◇作り方
 @落葉キノコは石づきを取り、沸騰したお湯でゆでます。
 A@をお湯から取り出し、きれいに水洗いしてザルに取って水切りし、ボウルに入れておきます。
 B青ナンバンは薄く小口切りにしてAのボウルに入れ、調味液を入れてよく混ぜます。
 C1日1〜2回混ぜながら4〜5日寝かせます。
 D器に盛り付け、大根おろしを盛り付け、和えながら食べます。
 ◇ポイント しょうゆ漬けが漬かったら容器に入れて冷凍し長期保存することもできます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(パンプキングラタン)
ルーの固さに注意


 ◇材料(4人分)
栗カボチャ  200グラム
インゲン豆  50グラム
バター     10グラム
むきエビ    50グラム
牛乳        200cc
水         800cc
ニンニク       適量
グラタンの素    適量
ナチュラルチーズ 適量

 ◇作り方
 @鍋に水800cc(4カップ)を入れ、サイコロ状に切ったカボチャを竹串が通るくらいまで煮ます。
 A@に牛乳、バター、インゲン豆、むきエビを入れて煮ます。
 BAにグラタンの素を少しずつ入れて、適度な固さになるまでルーを煮詰め、火を止めます。
 CBをグラタン皿に盛り、その上にナチュラルチーズをかけて250度のオーブンで9分間焼いてできあがりです。
 ◇ポイント グラタンの素はルーが固くなりすぎないように少しずつ、小分けにしながら入れましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ヒル貝入りきのこご飯)
米に十分水を吸わせて

 ◇材料(1升炊き)
米                  1升(うるち米7合、もち米3合)
ヒル貝              10個
シメジ                2株
乾燥シイタケ           3枚
ひじき             3グラム
錦糸卵               1枚
※煮だし汁
シイタケの戻し汁       カップ4
かつおだし汁(市販のもの) カップ1
みりん              大さじ1
酒                大さじ1
砂糖               大さじ1
 ◇作り方
 @乾燥シイタケとひじきは水につけて戻しておきます。シイタケの戻し汁は捨てずにとっておきます。
 Aうるち米ともち米は半日以上水に浸したあと、ザルに上げて水を切ります。
 B鍋にサラダ油大さじ1を入れ、ヒル貝、きのこ類、ひじきを炒めます。
 CBの鍋にだし汁、調味料を入れて一度煮立てたあと火を止め、冷ましたあとだし汁と具に分けます。
 D炊飯器に米を入れてだし汁の量を調節して具を入れて炊きあげ、器に盛り付けて錦糸卵を載せます。
 ◇ポイント もち米は水を吸うまでの時間がかかるので、半日から1日は水につけておきます。お好みで紅ショウガをトッピングしてもおいしいです。 
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(鱈すり身汁
みそは好みで入れる


 ◇材料(4人分)
鱈すり身    400グラム
生ショウガ      1かけ
長ネギ(青身) 2分の1本
豆腐           1丁
ダイコン     4分の1本
ニンジン     2分の1本
水         2リットル
だしこんぶ   2分の1本

※調味みそ
みそ      150グラム
酒         大さじ2
みりん      大さじ1
だしの素     大さじ2

 ◇作り方
 @水2リットルを入れた鍋にだしこんぶを入れて火にかけます。ダイコン、ニンジンはいちょう切りにして鍋で煮ます。
 A野菜に火が通ったところに鱈すり身を丸く一口大にして鍋に入れます。
 B火が通ったら食べやすい大きさに切った豆腐を加え、刻みショウガ、みそ、酒、みりん、だしの素を入れて味を調えます。
 C煮立ったところで火を止め、お好みで一味唐辛子を加えて食べます。
 ◇ポイント 味付けのみその量は、各家庭のお好みの味付けで調節してください。みそは一度に入れないで2〜3回に分けて、味を見ながら入れてください。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(夏野菜の冷製パスタ
魚介類入れてもおいしい

 ◇材料(4人分)
パスタ(乾燥)    400グラム
レタス         2分の1玉
タマネギ           1個
トマト       中玉1〜2個
キュウリ           1本
レモン輪切り         4枚
イタリアンドレッシング 2カップ

 ◇作り方
 @パスタは沸騰したお湯に入れ6〜7分ゆで、冷水にさらしたあとザルに揚げ、水切りをしてから皿に盛り付けます。
 A野菜を切ってボールに入れ、イタリアンドレッシングを絡ませたあと冷蔵庫で冷やします。
 BAを皿に盛り付けたパスタにかけて食べます。
 ◇ポイント ボイルしたエビやイカなどを入れて食べてもおいしいです。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ラーメンサラダごまだれドレッシング)
たれは好みの量で

 ◇材料(4人分)
生ラーメン        4玉
レタス           1玉
トマト           1個
キュウリ         1本
中華クラゲ   200グラム
薄焼き卵         1枚
薄切りハム 30グラム×4
紅ショウガ        適量

※ごまだれドレッシング
ごまドレッシング   カップ1
中華ドレッシング   カップ1

 ◇作り方
 @生ラーメンを少し硬めにゆでて冷水で冷やします
 A器にちぎったレタスを敷いて、ゆでたラーメンを取りやすい大きさに型取って四つ入れます
 B上に千切りにしたキュウリ、ハム、半月切りにしたトマト、中華クラゲを並べておきます
 Cごまだれドレッシングをかけて混ぜ、紅ショウガを添えて完成です。
 ◇ポイント ごまだれドレッシングは、お好みの量をかけて食べましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(いんげん豆とむきエビのかき揚げ)
丼にしてもおいしい

 ◇材料(4人分)
いんげん豆 200グラム
むきエビ  100グラム
岩塩    適量
レモン   4分の1個

 ◇作り方
 @いんげん豆は筋を取り5センチほどに切ります。むきエビは小口切りにします。ボウルにいんげん豆とむきエビを入れて小麦粉大さじ2を入れて混ぜます
 Aボウルに小麦粉1カップと卵1個と水1カップを入れて混ぜ、170度ほどの油で揚げたら完成です
 B皿にレモンと一緒に盛り付け、岩塩をかけて食べましょう。
 ◇ポイント ご飯を丼に盛り付けてかき揚げを載せて、焼き鳥のたれ、うなぎのたれなど好みのたれをかけてかき揚げ丼として食べてもおいしいです。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(香り揚げ天ぷら)
塩で食べてもおいしい

 ◇材料(4人分)
エビ         8本
サーモン切り身  4切
大葉        12枚
パセリ        4個
 ◇作り方
 @大葉の裏に小麦粉を付けて、エビ、サーモンを巻きます
 Aエビ、サーモンに小麦粉を付けたあと、水、天ぷら粉各1カップ、卵1個を混ぜて作った衣に付けて、160〜170度の油で揚げます。パセリは衣だけを付けて揚げます
 Bよく油切りして器に盛り付けます
 Cだし汁4、しょうゆ、酒、みりん各1の割合で混ぜて煮立てて作った天つゆに付けたあと、好みで大根おろしやおろししょうがを付けて食べましょう。
 ◇ポイント 塩を付けて食べてもおいしいです。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ナス素揚げ南蛮みそ和え)
甘みそは焦がさぬよう

 ◇材料(4人分)
ナス   4本
青南蛮 4本
 ◇作り方
 @甘みそは、みそ120グラム、砂糖100グラム、酒、みりん各180tを鍋に入れてよく混ぜ、一度煮立てて冷まします
 Aナスは縦半分に切り、皮に切れ目を入れて油で揚げます
 B青南蛮を小口切りにしてフライパンで炒め、甘みそを加えます
 Cナスを皿に盛り付け、甘みそと青南蛮をかけたら完成です。
 ◇ポイント 甘みそをフライパンで炒める際には、火力を弱くして焦がさないようにしましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(タラクリーム煮)
焼き目を付けよう

 ◇材料(4人分)
タラ    4切れ
玉ネギ  2分の1個
ピーマン 1個
しめじ   2分の1株
パセリみじん切り 少々
 ◇作り方
 @タラに塩こしょうを振り、小麦粉をまぶして油を敷いたフライパンで両面に焼き目が付くぐらいに焼きます。仕上げにバターを入れて絡めます
 A乱切りにした玉ネギ、しめじ、ピーマンを炒めます
 B別のフライパンにホワイトソース大さじ4、牛乳1カップ、練乳大さじ2、塩こしょう少々を入れ、先ほど炒めたタラ、野菜を加えて2〜3分ほど煮たら完成です。皿に盛り付け、パセリを振りかけて食べます
 ◇ポイント タラは最終的に煮るので、焼くときは中が半生でも大丈夫です。焼き目を先に付けてください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(豚ロース薄切りアスパラ巻き)
ゆっくり揚げよう

 ◇材料(4人分)
豚ロース薄切り    4枚
アスパラ(Mサイズ) 4本
レタス          4枚
レモン輪切り      4枚

 ◇作り方
 @広げた豚ロース薄切りに塩こしょうを軽くかけ、豚ロース薄切りの端の部分に3分の1の長さに切ったアスパラを置いて巻いていきます
 A小麦粉、溶き卵、パン粉を付けて170度ほどの油でゆっくりと揚げます
 B皿にレタス、レモンの輪切り、豚ロース薄切りアスパラ巻きを盛り付けて、中濃ソース、ケチャップ、マヨネーズ各大さじ1を混ぜて作ったソースをかけて食べます。
 ◇ポイント アスパラに火が通るまでゆっくり揚げてください。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カレイ香り揚げ)
チーズはカレイより小さく

 ◇材料(4人分)
皮を取ったカレイの切り身     4枚
大葉 4枚       むきエビ  4本
スライスチーズ(とろけるタイプ) 4枚
 ◇作り方
 @カレイの切り身に塩こしょうをふり、スライスチーズを重ね、中心にむきエビを置いて巻きます。
 A@の上に大葉を巻き付けて、小麦粉、溶き卵、パン粉を付け、170度ほどの油で揚げます。
 B油を切って器に盛り付け、好みのソースをかけて食べます。
 ◇ポイント カレイよりもスライスチーズを小さくして巻くときちんと収まります。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(厚焼き卵)
他の食材入れてもおいしい

 ◇材料(4人分)
卵 8個
 ◇作り方
 @卵8個、砂糖、酒、みりん、白だしつゆ各大さじ1をボウルに入れて混ぜます
 A角形のフライパンに油を敷いて、おたま1杯分の卵を入れて固まる前に手前に巻きます
 BAと同じ作業を3、4回繰り返します
 C焼き上がった卵を好みの大きさに切って皿に盛り付けて食べます。
 ◇ポイント 卵に三つ葉や生しいたけ、カニかまぼこなどを入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(新ブキとさつま揚げの油炒め)
新ブキは長く煮ない

 ◇材料(4人分)
新ブキ 4本
さつま揚げ 2枚
 ◇作り方
 @新ブキは塩水を沸かして一度煮立てたあと、皮をむいて水にさらします
 A新ブキとさつま揚げを食べやすい大きさに切って、鍋にサラダ油を入れて新ブキとさつま揚げを炒め、だし汁1カップ、砂糖100グラム、しょうゆ180t、酒、みりん各16tを入れて一度煮立てたあと火を止めて余熱で温めます。
 ◇ポイント 新ブキはすぐに煮上がるので長く煮ないようにしましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(チカ香り揚げ)
衣の付け過ぎに注意

 ◇材料(4人分)
チカ       20匹(1人5匹)
大葉       20枚
大根おろし   適量
おろししょうが 適量
 ◇作り方
 @チカは大きかったら頭と内臓を取り、塩水で臭みを取ってから水洗いして、ざるに上げて水切りします
 A大葉の茎を取ってチカを乗せ、1匹ずつ巻いてバットに並べて10〜20分置きます。その間に天ぷら油を火に掛け、170度ほどに調整します
 B水、天ぷら粉各1カップ、卵1個を混ぜて作った衣にチカを付けて、一度振って衣をさっと落としてから揚げてください
 C天つゆに付けたあと、好みで大根おろしやおろししょうがを付けて食べましょう。
 ◇ポイント 衣を付け過ぎると団子状になってしまうので注意しましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ワカサギ南蛮漬)
薄い衣で揚げる

 ◇材料(4人分)
ワカサギ  20匹
玉ネギ   2分の1個
ピーマン  2分の1個
一味唐辛子 少々
 ◇作り方
 @ワカサギは、頭と内臓を取って塩水で2、3回よく洗ってから水洗いし、ザルに上げて水を切ります
 Aワカサギを天ぷら衣に付けて油で揚げます
 B玉ネギ、ピーマンは千切りにします
 C器に揚げたワカサギ、玉ネギ、ピーマン、一味唐辛子少々を入れて、上から甘酢(酢、砂糖各1カップ、塩小さじ2分の1、みりん大さじ1を一度沸騰させて冷ましたもの)をかけ、冷蔵庫に入れて1日置いたら完成です。
 ◇ポイント ワカサギは薄い衣で揚げてください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(小揚げ袋煮)
野菜や山菜入れてもOK

 ◇材料(4人分)
小揚げ  4枚
卵     4個
しらたき  200グラム
豚バラ肉 200グラム
 ◇作り方
 @小揚げの片方に切り目を入れます。指で中を広げて、食べやすい大きさに切ったしらたきと豚バラ肉、割った卵を入れて小揚げの先端をつまようじで止め、鍋に入れます
 A鍋にだし汁の素180t、水360t、砂糖大さじ2、うま味調味料小さじ1を入れて火にかけます
 B煮立ったら中火にして15分ほど煮て、火を止めて余熱で温めたら完成です。
 ◇ポイント 小揚げに旬の野菜や山菜を入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ヤナギノマイの煮付け)
一日置くと味染みる

 ◇材料(4人分)
ヤナギノマイ 4匹
コンブ     5センチ角4枚
生ショウガ  1個
 ◇作り方
 @ヤナギノマイはウロコを落とし、内臓を取り、水洗いして身に切れ身を入れますA鍋に水洗いしたコンブを敷いて、その上にヤナギノマイを入れ、だし汁2カップ、砂糖大さじ3、しょうゆ100t、酒、みりん各大さじ3、うま味調味料小さじ1、だしの素大さじ1を入れて、一度強火で煮立てて、中火に落として煮ます。
 ◇ポイント 味は自分の好みに合わせて調整しましょう。一日置いてから食べると味が染みておいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(エゾメバル(ガヤ)の空揚げ)
二度揚げでカリッと

 ◇材料(4人分)
エゾメバル   4匹
レモン輪切り 4枚
パセリ     少々
 ◇作り方
 @エゾメバルはウロコを落とし、エラ、内臓を取り除き水洗いをして、水気をキッチンペーパーで拭き取ります
 A皮目に4カ所ほど切れ目を入れて、皮目と腹の中に塩こしょうを満遍なくかけます
 B皮目と切れ目、腹の中に片栗粉をまぶし、たたいて粉を落としたあと170度の油で揚げます
 C皿に盛りつけ、レモン輪切りとパセリを添えて食べます。
 ◇ポイント 二度揚げするとカリッとします。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(白魚卵とじ)
山菜入れてもおいしい

 ◇材料(1人分)
白魚     500グラム
玉ネギ    4分の1個
生シイタケ 2分の1個
長ネギ   50グラム
卵      2個
 ◇作り方
 @小さなフライパンに千切りにした玉ネギ、シイタケを入れ、その上に白魚を散らして載せ、だし汁120tを入れます
 A火にかけ、煮立ってきたら笹切りにした長ネギを入れ、火が通ったところで溶き卵を入れてふたをします
 B煮上がったら火を止めます。卵が半生程度になったら完成です。
 ◇ポイント タケノコ、フキなどの山菜を入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(タラの甘酢あんかけ)
軟らかめで火を止める

 ◇材料(4人分)
タラ     4切れ
玉ネギ   2分の1個
ぶなしめじ 2分の1株
ニンジン  4分の1本
ピーマン  1個
しいたけ  2枚
 ◇作り方
 @タラを一口大に切り、水180t、小麦粉1カップ、卵1個を混ぜて作った衣に付けて170度の油で揚げます
 Aフライパンに油大さじ1を引いて熱くなったら乱切りにしたタマネギ、ピーマン、ほぐしたぶなしめじ、イチョウ切りにしたニンジンを8分炒めます
 Bフライパンにだし汁200t、砂糖、酢各大さじ1、ゴマ油小さじ1を入れて、煮立ったら水溶き片栗粉適量を2、3回に分けて入れほどよい固さになったら完成です。
 ◇ポイント あんの固さをちょうど良くするためには、少し軟らかい時に火を止めましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ポテトサラダコロッケ)
かけるソースはお好みで

 ◇材料(4人分)
ジャガイモ 4〜6個
タマネギ  2分の1個
キュウリ  2分の1本
ニンジン  4分の1本
 ◇作り方
 @ジャガイモとニンジンは箸が通るまでゆで、ジャガイモは熱いうちにつぶし、ニンジンは包丁で薄く切ります
 Aタマネギ、キュウリは千切りにしてジャガイモ、ニンジンと混ぜます。そこに塩こしょう少々、好みの量のマヨネーズをかけて再び混ぜます
 B食べやすい大きさに丸めて小麦粉、溶き卵、パン粉を付けて170度の油で揚げたら完成です。
 ◇ポイント コロッケには好みのソースをかけましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(マグロ、サーモン、タイの漬け丼)
好きな刺し身加えて

 ◇材料(1人分)
ご飯    180グラム
マグロ   薄切り3枚
サーモン  薄切り3枚
タイ    薄切り3枚
大葉    1枚
きざみのり 4分の1枚
 ◇作り方
 @バットにマグロ、サーモン、タイを入れて、うま味調味料少々をかけ、その上に減塩しょうゆ大さじ2をむらなくかけます
 A30分〜1時間漬け置き、その間にマグロ、サーモン、タイを2、3回裏返します
 Bご飯を入れた丼にきざみのり、千切りにした大葉を加えて、マグロ、サーモン、タイを盛りつけて食べます。味が薄いと思ったらわさびしょうゆをかけましょう。
 ◇ポイント 自分の好きな刺し身を加えてもいいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(すり身汁)
すり身は好みのものを

 ◇材料(4人分)
市販のすり身 400グラム
タマネギ     1個
生シイタケ   4個
豆腐       1丁
長ネギ     1本
 ◇作り方
 @すり身はスプーンで丸めて、水を沸騰させた鍋に入れて下ゆでします。その後、水で冷やしてざるに上げます
 A鍋にだし汁8カップを入れて、野菜や豆腐を食べやすい大きさに切って入れ、すり身を加えます
 B煮立ってきたら酒、みりん、うまみ調味料各大さじ1、仕上げにみそを適量、サラダ油大さじ1を入れます
 C器に盛りつけたら、一味唐辛子を少々入れて食べます。
 ◇ポイント すり身はさまざまな種類があるので好みのものを使ってください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(揚げ出し豆腐五目あんかけ)
調味料は味を見ながら

 ◇材料(4人分)
豆腐 半丁
ニンジン 5センチ
タマネギ 2分の1個
シイタケ 2個
ピーマン 1個
タケノコ 2本
 ◇作り方
 @豆腐を4等分か8等分に切り、しょうゆを塗ってから片栗粉をまぶして油で揚げます
 A野菜を千切りにしてフライパンで炒め、水2カップを入れて煮立ってきたら、しょうゆ、砂糖各大さじ2、酒、みりん、酢、だしの素各大さじ1、おろしニンニク小さじ1を入れて、再び煮立ってきたら水溶き片栗粉大さじ3〜4を2、3回に分けて入れます
 B仕上げにゴマ油大さじ1を入れて、器に盛りつけた豆腐にかけます。
 ◇ポイント 調味料の量は目安なので味見をしながら好みの量を入れましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(湯豆腐)
白身魚入れてもOK

 ◇材料(4人分)
豆腐    2丁を半分に切る
生シイタケ 4個
ホタテ    4個
鶏もも肉  1口大8個
長ネギ   1本
昆布     5センチ4枚
 ◇作り方
 @器にたれの原料となるしょうゆ1合、酒、みりん各大さじ1、うま味調味料、おろしショウガ各小さじ1、かつおぶし1つまみを入れて鍋の中心に置きます
 A鍋に昆布を入れて、器の回りに具材を入れて火にかけます
 B具材に火が通ったら取り皿に具材を移し、その上にたれをかけて食べます。
 ◇ポイント
 白身魚や野菜を入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カニ春雨スープ)
固くならないよう注意

 ◇材料(4人分)
カニ棒肉    8本
春雨水もどし 200グラム
長ネギ     2分の1本
卵        2個
ニンニク    1かけ
ショウガ    1かけ
 ◇作り方
 @フライパンにサラダ油大さじ1と2分の1を入れて火にかけ、みじん切りにしたニンニク、ショウガを入れてさっと炒め、3分の1の大きさに切ったカニ棒肉、春雨を加えて炒めます
 A市販の鶏ガラスープの素を水5カップに溶かして入れます。塩こしょう少々、うま味調味料、だしの素各小さじ1を加えて溶き卵を入れます
 B水溶き片栗粉を少しずつ入れて、仕上げにゴマ油大さじ1を入れたら完成です。
 ◇ポイント
 スープが固くならないよう、水溶き片栗粉の入れ方に注意してください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(豚バラビビンバ風丼)
野菜は強火で炒めて

 ◇材料(4人分)
豚バラ肉 280グラム
タマネギ 1個
ピーマン 1個
もやし  200グラム
温泉卵  4個
白飯   720グラム
キムチ  好みの量
 ◇作り方
 @千切りにしたタマネギ、ピーマン、もやしをフライパンで炒め、塩こしょうをして仕上げます
 A5、6センチに切った豚バラ肉を焼き肉のたれに10分ほど漬けて、フライパンで炒めます
 B白飯を丼に入れ、その上に炒めた野菜、豚バラ肉を盛りつけ、くぼみを作ります
 Cくぼみに温泉卵を入れて、キムチを盛りつけたら完成です。
 ◇ポイント
 野菜は強火で炒めてパリパリ感を出してください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カジカのともあえ)
小骨をきれいに取る

 ◇材料(5人分)
カジカの身、胃、肝臓 400グラム
長ネギ        2分の1本
 ◇作り方
 @鍋に水を入れ、塩大さじ1を加え、火を付けて沸騰したらカジカの身と胃と肝臓を入れて煮ます。火が通った部分からザルに取り冷やします
 A身の部分はほぐして小骨を取り除き、胃は細切りにします
 B肝臓は泡立て器でつぶしてみそ100グラム、酒大さじ1杯、うま味調味料小さじ1、一味唐辛子、小口切りにした長ネギを入れて混ぜ、カジカの身と胃とあえたら完成です。
 ◇ポイント
 身の小骨はきれいに取り、味付けは自分の好みに合わせて作りましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(五目あんかけラーメン)
水溶き片栗粉は分け入れて

 ◇材料(4人分)
ラーメン  130グラム×4個
タマネギ  2分の1個(千切り)
白菜    2枚(薄切り)
ピーマン  1かけ(薄切り)
シイタケ  2個(そぎ切り)
キクラゲ  適量(そぎ切り)
ウズラの卵 8個
豚バラ肉  2センチ角(薄切り)
 ◇作り方
 @ラーメンは固めにゆでて、ざるに上げ冷水で洗ってぬめりを取り、水切りします
 Aフライパンに油を入れて熱し、ラーメンを入れて少し焦げ目が付いたら皿に盛りつけます
 Bフライパンに油を入れて豚バラ肉、野菜を入れて炒め、7分ほど火が通ったら中華スープ800t、塩こしょう少々、うま味調味料、だしの素各小さじ1、酒、おろしニンニク、しょうゆ、ゴマ油各大さじ1を入れ、煮立ったら水溶き片栗粉を適量入れてとろみを付け、皿に盛りつけたラーメンに掛けたら完成です。
 ◇ポイント 水溶き片栗粉はちょうど良い固さになるように2、3回に分けて入れましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カスベ煮)
だし汁の量で味調整

 ◇材料(4人分)
カスベ皮付き身  500グラム
生ショウガ皮むき 30グラム
板昆布       5センチ角 4枚
 ◇作り方
 @カスベは食べやすい大きさに切ってよく水洗いし、ザルで水気を取り除きます
 A鍋に板昆布を敷いてカスベを入れ、だし汁を2カップを加え、砂糖100グラム、酒26t、みりん26t、しょう油180t、うま味調味料、だしの素各小さじ1を混ぜて作った煮物だれを入れて煮ます
 B煮立ったら中火にして15分煮ます
 C火を止めてから余熱で30分温めてから皿に盛りつけましょう。
 ◇ポイント 味はだし汁の量で調整してください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(チャーシュー)
オードブルにも使える

 ◇材料
豚モモ肉ブロック 500グラム×4ブロック
長ネギの青い部分 4本
タマネギ     1個
ニンジン     1本
キャベツの葉   2枚
ニンニク     2個
生ショウガ    2個
 ◇作り方
 @鍋にしょうゆ720t、酒、みりん各90t、うまみ調味料大さじ2、豚モモ肉ブロックを入れます
 A4つ切りにしたタマネギ、縦半分に切ったニンジン、5センチほどに切った長ネギ、4つ切りにしたキャベツの葉、半分に切ったニンニク、ショウガの皮を鍋に入れて火にかけます
 B沸騰したら火を弱火にして30分煮て、火を止めて30分置いてから肉や野菜を取り出し、スライスして食べます
 ◇ポイント ラーメンやチャーハン、オードブルにも使えます。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(サケ磯辺揚げ)
あまり強火にしない

 ◇材料(4人分)
サケ       4切
板のり      1枚(8枚に切って使う)
スライスレモン 4枚
パセリ 適量
 ◇作り方
 @サケは皮をひいて、縦5センチ、横1.5〜2センチの角切りにして塩こしょうします
 Aのりの表を下にして伸ばしサケを巻きます
 B小麦粉をまぶしたあと、小麦粉1カップ、卵1個、水1カップで作った衣を付けて、170度の油で揚げます
 Cスライスレモン、パセリと一緒に皿に盛りつけたら完成です。
 ◇ポイント サケは火が通りやすいので、あまり強火にしないでください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(マグロあらのショウガ煮)
調味料は好みの量で

 ◇材料(4人分)
マグロあら 1キロ
生ショウガ 25グラム
長ネギ   2分の1本
 ◇作り方
 @マグロあらは1口大に切り、ボウルに入れて1、2時間血抜きをしてザルに上げ、鍋に入れて一煮立ちさせたあと、水洗いします
 A鍋に水2カップを入れて、マグロあらを加え、煮立ったら千切りショウガを入れ、だしの素、砂糖、酒、みりん各大さじ1、しょうゆ大さじ2の順に入れて中火で15分ほど煮ます
 B仕上げに小口切りにした長ネギを入れて、火を止めた後少し余熱で温めてから器に盛りつけて食べます。
 ◇ポイント 調味料を入れる際は、自分の好みに合わせて量を調整しましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(マダラの野菜みそ包み揚げ)
時間をかけて揚げる

 ◇材料(4人分)
マダラ   4切れ
生シイタケ 2個
モヤシ   100グラム
ニンジン  2センチ1個
キャベツ  100グラム
バター   50グラム
サラダ油  大さじ1
甘みそ   80グラム(砂糖100グラム、酒とみりんそれぞれ大さじ1をみそ120グラムと混ぜて作ります)
小麦粉   少々
パン粉   少々
卵 1個
 ◇作り方
 @マダラは6a幅に切って"観音開き"にします
 Aキャベツなどの野菜を千切りにし、フライパンに油を引いて炒めます
 B上がりにバターや甘みそを入れて絡め、大さじ1杯分(多め)の具材を観音開きの中に入れて包み、小麦粉、卵、パン粉の順に付け、油で揚げて食します。
 ◇ポイント 中のみそが出ないように170度ぐらいの油の温度で、中まで火が通るように時間をかけて揚げてください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(栗カボチャの甘煮)
冷やしてデザートに

 ◇材料(4人分)
栗カボチャ 8個
 ◇作り方
 @栗カボチャを半分に切り、中のわたをスプーンで取り除き、皮を包丁でそぎ落とします
 A食べやすい大きさに切って隙間なく鍋に入れて水60tを加え、強火にかけます
 B煮立ってきたら中火にして竹串が刺さる軟らかさになるまで煮ます
 C弱火にして砂糖大さじ8、酒、みりん、しょうゆ、だしの素各大さじ1、塩小さじ1を入れて10分煮て火を止め、味を染みこませてから食べます。
 ◇ポイント 冷やしてデザートとして食べても良いです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(海鮮蒸し)
白身魚を入れてもOK

 ◇材料(4人分)
ホタテ    4個
ムール貝  4個
むきエビ  4尾
タマネギ輪切りスライス(厚さ1a)
        4枚
生シイタケ 4個
マイタケ   4切
長ネギ    1本
 ◇作り方
 @深めの器にタマネギ、ホタテ、ムール貝、むきエビの順に載せて、横にシイタケ、マイタケ、長ネギを寄せて盛り合わせ、蒸し器で沸騰後15分蒸します
 Aポン酢にさらしネギ、もみじおろしを適量入れて、できあがった海鮮蒸しを付けて食べます。
 ◇ポイント 白身魚や秋野菜を入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(落葉キノコ青南蛮しょうゆ漬け)
ゆがくと汚れ落ちる

 ◇材料(4人分)
落葉キノコ 200グラム
青南蛮   2本
大根おろし 適量
 ◇作り方
 @落葉キノコは、さっと水洗いして葉などの汚れを落とします
 A鍋に水を入れて強火にして、沸騰したらキノコを入れます
 Bキノコを鍋から出して水にさらし、2、3度洗うと汚れが落ちます。きれいになったらざるに上げて1、2時間水切りします
 Cキノコを好みの大きさに切ってボウルに入れ、しょうゆ大さじ4、うま味調味料小さじ1、一味唐辛子少々を加え、青南蛮を小口切りにして入れます
 Dボウルを冷蔵庫に1、2日に入れて味がなじんだら、器に盛りつけて大根おろしと一緒に食べましょう
 ◇ポイント 沸騰したお湯でキノコをゆがくと汚れがきれいに落ちます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(豚肉のケチャップ炒め)
焼き加減は表5、裏4

 ◇材料(4人分)
豚ロース 100〜120グラム 4枚
玉ネギ  半個
しいたけ 2個
ピーマン 2個
 ◇作り方
 @豚ロースは脂の部分のすじを包丁で4〜5カ所切って、塩こしょうをしてから小麦粉を両面に付けます
 Aフライパンにサラダ油大さじ2を引いて、盛りつける際に上になる部分を先に焼きます
 B両面が焼き上がったら、バター25グラムを入れ、千切りにした玉ネギ、しいたけ、ピーマンを加えます
 C程よく火が通ったらおろしニンニク小さじ1、ケチャップ1カップ、砂糖大さじ2、コンデンスミルク大さじ1、酒大さじ2の順に入れて、仕上げにしょうゆ小さじ1を入れたら完成です。
 ◇ポイント 肉の焼き加減は、表5、裏4の割合で焼き、残り1は野菜を絡めたときの余熱で火を通しましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(鮭のマヨネーズ焼き)
二度焼きしてもOK

 ◇材料(4人分)
サケ   4切れ
シイタケ 4個
タマネギ 1個
ピーマン 1個

 ◇作り方
 @アルミホイルに油を引いて千切りにしたタマネギを敷き、その上にサケを置き、さらに千切りにしたシイタケ、ピーマンを載せます
 A塩こしょうを少々振りかけ、1センチ角のバターを載せ、その上からマヨネーズ適量をかけ、250度のオーブンで8分30秒焼いたら完成です。
 ◇アドバイス オーブンによって火の通りが違うので、二度焼きしてもかまいません。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(鶏ひき肉トマト煮)
煮込むとよりおいしく

 ◇材料(4人分)
鶏ひき肉  400グラム
卵      2個
タマネギ  2分の1個
ブナシメジ 1袋分
キャベツ  4分の1個
トマト    2個
 ◇作り方
 @鶏ひき肉、卵、パン粉1カップ、コンデンスミルク大さじ2、みじん切りにしたタマネギをボウルに入れて良くかき混ぜて、食べやすい大きさに分けます
 A鉄板に並べて250度のオーブンで12分焼きます
 Bその間に1センチ角に切ったブナシメジ、キャベツ、トマトを鍋に入れて炒め、トマトケチャップ180グラム、コンデンスミルク大さじ2、おろしニンニク小さじ2、塩こしょう少々、砂糖小さじ2を加えてよく混ぜます
 C焼いた鶏ひき肉を鍋に入れて混ぜながら煮込んだら完成です。
 ◇ポイント
 よく煮込むとよりおいしくなります。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(和風おろしハンバーグ)
一口大でオードブルに

 ◇材料(4人分)
牛豚肉合い挽き 400グラム
卵          2個
タマネギ      2分の1個
ピーマン      1個
豆腐        2分の1丁
大根おろし    大さじ2
 ◇作り方
 @大きなボウルに牛豚肉合い挽き、卵、みじん切りにしたタマネギとピーマン、豆腐、パン粉2カップ、しょうゆ、酒各大さじ4、みりん大さじ2、おろししょうが大さじ1を入れて粘りが出るまでよく混ぜます
 A1個120グラムほどに型取りしてホイルパンに載せ、250度のオーブンで13分焼きます
 B皿に好きな野菜とハンバーグを盛りつけて、ハンバーグの上に大根おろしをのせたら完成です。
 ◇ポイント 一口大に型取りしたらオードブルにも使えます。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(油揚げの卵袋煮)
卵以外に入れてもOK

 ◇材料(4人分)
小揚げ 4枚
卵    4個
 ◇作り方
 @小揚げの上に切り目を入れます。指で中を広げて割った卵を入れて先端をつまようじで止めます
 A鍋にしょうゆ、酒、みりんをそれぞれおたま一杯分、だし汁をおたま4杯分、砂糖大さじ1を入れて火を付けます
 B煮立ったら揚げを入れて15分ほど煮たら完成です。
 ◇ポイント 卵と一緒に豚肉、シイタケ、しらたき、タマネギなどを小さく刻んで小揚げに入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(イカゴロ漬け焼き)
焼き肉と一緒でも美味

 ◇材料(4人分)
イカ  4杯
レタス 4枚
 ◇作り方
 @イカはゴロ(内蔵)を抜き、骨を取り除いたあと、身に切れ目を付けます
 Aゴロ4本、しょうゆ、酒、みりん各大さじ1、一味唐辛子、うま味調味料少々をボウルに入れて、イカの身を加えて混ぜ合わせます
 B220度のオーブンで8分焼き上げます。
 ◇ポイント 焼き肉の際に一緒に焼いてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(甘エビ塩こうじ漬)
こうじは入れる前に味確認

 ◇材料(4人分)
甘エビ   200グラム
キュウリ  スライス12枚
レモン   スライス4枚
ミニトマト 4個
 ◇作り方
 @甘エビは皮をむいて身だけにして、軽く塩もみして水で洗い、ざるに上げて水切りします
 A水切りした甘エビをボウルに入れ、塩こうじ大さじ2、3杯を加え、一味唐辛子を少々かけて混ぜ合わせます
 B2、3時間置いて味が馴染んだら完成です。キュウリ、レモン、ミニトマトと一緒に皿に盛りつけて食べましょう。
 ◇ポイント 塩こうじは、味を確認してから入れる量を決めましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カワハギ空揚げ)
肝ソースは好きな人だけ

 ◇材料(4人分)
カワハギ    2匹(半身4枚)
カワハギの肝  2個
ミニトマト   4個
スライスレモン 4枚
 ◇作り方
 @肝は鍋に入れてゆで上げ、ザルに上げて冷ましますA肝をボウルに入れて、しょうゆ、みりん、酒各小さじ1、一味少々を入れて良くかき混ぜたら肝ソースの完成ですBカワハギは3枚に下ろして中骨を抜いて、食べやすい大きさに切ったら塩こしょう、片栗粉を適量まぶして170〜180度の油で揚げますC空揚げをミニトマト、スライスレモンと一緒に皿に盛りつけ、肝ソースを付けて食べましょう。
 ◇ポイント 肝ソースは万人受けはしないので、好きな人だけ使いましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ナマコ酢)
三杯酢でもおいしい

 ◇材料(4人分)
ナマコ      4個
スライスレモン 4枚
 ◇作り方
 @ナマコは、口の部分と内臓を取り除きます
 A鍋に1リットルの水を入れて強火にして、沸騰したら番茶の茶葉を大さじ1入れます
 Bナマコを鍋に入れて、好みのやわらかさになったら鍋から取り出して水にさらして冷やし、ザルに上げて水切りします
 Cナマコをスライスし、スライスレモンと一緒にポン酢に1日漬けてから食べましょう。
 ◇ポイント しょうゆ、酢、砂糖それぞれ1の割合で混ぜる三杯酢に漬けてもおいしいです。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(鶏肉と夏野菜の冷製パスタ)
冷蔵庫でよく冷やして

 ◇材料(4人分)
ゆでスパゲティ 800グラム
レタス       4枚
アスパラ     4本
ブロッコリー   8個
トマト       1個
鶏もも肉     4枚

 ◇作り方
 @ゆで上がったスパゲティを水にさらして冷やし、水切りをしてボウルを入れ、塩こしょう少々、オリーブオイル大さじ4を入れて混ぜます
 A鶏もも肉に塩こしょう少々をふりかけ、オーブンで焼き、冷ましておきます
 B皿にレタスを敷き、その上にスパゲティを載せ、鶏もも肉、トマト、アスパラ、ブロッコリーを切ってトッピングして、イタリアンドレッシングをかけて食べます。
 ◇ポイント 冷蔵庫でよく冷やしていただきます。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(野菜と干しエビのかき揚げ)
平たくすると火が通る

 ◇材料(4人分)
タマネギ  1個
インゲン  50グラム
生シイタケ 100グラム
ニンジン  2分の1本
干しエビ  15グラム
三つ葉   1束
 ◇作り方
 @だし汁4カップ、酒、しょうゆ、みりん各1カップ、うまみ調味料小さじ1を鍋に入れ、沸騰させて天つゆを作ります。
 Aボウルに千切りにしたタマネギ、インゲン、生シイタケ、ニンジン、三つ葉、干しエビを入れて小麦粉半カップを入れて混ぜます。そこに生卵1個、小麦粉4カップ、水3カップを加えて混ぜ合わせます。
 B170度の油で揚げ、先ほど作った天つゆを付けて食べます。
 ◇ポイント 少し平たい形にして揚げると火が通りやすくなります。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(柳の舞煮付け)
味は好みで調整を

 ◇材料(4人分)
ヤナギノマイ 4匹
コンブ     5センチ角4枚
生ショウガ   1かけ
 ◇作り方
 @ヤナギノマイのウロコを落とし、内臓を取り、水洗いして身に切れ目を入れます
 A鍋にコンブを敷いて、その上にヤナギノマイを入れ、水4カップを入れて強火で煮て落としぶたをします
 B煮立ったらふたを外し、千切りにしたショウガを入れ、中火にしたら砂糖大さじ4、酒、みりん各45t、うま味調味料小さじ2、だしの素大さじ1を入れ、しょうゆ90tを2、3回に分けて入れて味を整えたら完成です。
 ◇ポイント 味は自分の好みに合わせて調整しましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(夏タラソテーイタリアンドレッシングソースかけ)
野菜の炒めすぎに注意

 ◇材料(4人分)
タラ切り身   4切れ
トマト      1個
ブナシメジ   1株
ピーマン    1個
タマネギ    2分の1個
スライスレモン 4枚
ハーフレタス  1枚

 ◇作り方
 @タラの切り身に塩こしょうを振り、小麦粉を付けます
 Aフライパンにオリーブオイル大さじ4を敷いてタラを入れて焼きます。仕上げにバター10グラムを入れて溶けたら、酒大さじ1を掛けて火を止めます
 Bリーフレタスを皿に載せてその上にタラを盛りつけます
 Cトマト、ブナシメジ、ピーマン、タマネギをサイコロ切りにしてフライパンで炒め、火の通ったところで市販のイタリアンドレッシング大さじ4を入れ、さっと炒めたらタラの上に盛りつけます
 Dスライスレモンを添えたら完成です。
 ◇ポイント 
 野菜は新鮮さを保つため、炒めすぎに注意しましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(桜ますの山賊焼き)
タマネギなど入れてもOK

 ◇材料(4人分)
マス   4切れ
山ウド  1本
タケノコ 2本
アスパラ 2本
山ブキ  2本
ワラビ  4本
 ◇作り方
 @山ウド、タケノコを千切り、アスパラ、山ブキ、ワラビを5分切りにします
 A砂糖1キロ、酒、みりん各1合を鍋に入れて火にかけ、砂糖が溶けるまでヘラで混ぜます。溶けたらみそを1.2キロ入れて混ぜ甘みそを作ります
 Bオーブンの鉄板に油を敷き、マスを載せて塩こしょうをして、野菜を載せます
 Cマスと野菜の上から甘みそをかけ、薄切りにしたバター20グラムを載せ、粉さんしょうを少々かけて、220度のオーブンで9分ほど焼きます
 D完成したら器に盛りつけてますと野菜を混ぜながら食べます。
 ◇ポイント 
 タマネギなど甘みの出る野菜を入れてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(オムライス)
ケチャップ以外でもOK

 ◇材料(4人分)
卵 6個(1人1個半)
鶏もも肉 200グラム
玉ネギ  2分の1個
ピーマン 2個
ライス   800グラム
 ◇作り方
 @鶏もも肉をサイコロ切り、玉ネギとピーマンを千切りにします
 Aフライパンにサラダ油を敷き、鶏もも肉、玉ネギ、ピーマンを炒め、バター20グラム、おろしにんにく小さじ1を入れます
 Bフライパンにライスを入れ、鶏もも肉、玉ネギ、ピーマンと混ぜ、コンデンスミルク小さじ1、塩こしょう少々、ケチャップ大さじ3を入れて混ぜ、味がまとまったらケチャップライスをボウルに移します
 Cフライパンで薄焼き卵を焼き、その上にケチャップライスを入れて包みます
 D皿に盛りつけてケチャップを適量かけたら完成です。
 ◇ポイント 
 ケチャップの代わりにデミグラスソース、ミートソース、ハヤシソースをかけて食べてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(茶碗蒸し)
三つ葉の代わりに銀杏も

 ◇材料(4人分)
鶏もも肉      4切れ
むきエビ      4つ
タケノコ       50グラム
もどしたシイタケ 4個
なると        4枚
甘栗         4個
三つ葉       適量
 ◇作り方
 @鶏もも肉をサイコロ切り、タケノコとシイタケを千切り、三つ葉を一口大に切ります
 A鶏もも肉、むきエビをボウルに入れ、しょうゆ小さじ1をたらして混ぜ、茶碗に入れます
 Bだし汁3カップ、砂糖大さじ2、酒、みりん各小さじ1、塩少々を入れた鍋にタケノコ、シイタケに入れてさっと火を通し、タケノコ、シイタケを取り出して茶碗に入れます
 C卵3個をボウルに入れて溶き、だし汁を加えて混ぜ、ざるを通してこします
 Dこしただし汁と卵を茶碗に入れますE蒸し器に茶碗を並べてふたをします
 F強火にかけて5分間沸騰させて、5分間中火にし、あとは火を止めて余熱で10分ほど蒸します
 G三つ葉を載せて食べます。
 ◇ポイント 三つ葉の代わりに銀杏やゆり根を使用してもいいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(鶏麺)
そうめんは固めで上げる

 ◇材料(4人分)
そうめん 400グラム
鶏もも肉 200グラム
タケノコ 50グラム
シイタケ 4個
長ネギ  2分の1本
切りのり 適量
 ◇作り方
 @そうめんは鍋に入れた水が沸騰してから1、2分ゆでて流水で洗い、1人分ずつ分けておきます
 A鶏もも肉をサイコロ切り、タケノコとシイタケを千切り、長ネギを小口切りにします B鍋に水を8カップ入れて強火にして、沸騰したら鶏もも肉を入れて中火にします。あくを取ってからタケノコ、シイタケを入れ強火にして煮立てます
 C中火にして塩小さじ2〜3、しょうゆ、うま味調味料各小さじ1、酒大さじ1を入れて味を整えます
 Dどんぶりにゆでたそうめんを入れて、具材の入った汁を注ぎ、長ネギ、切りのりを入れて食べます。
 ◇ポイント そうめんはゆで上がりが早いので、少し固めで鍋から上げてください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(山菜炊き込みご飯)
具材はお好みでOK

 ◇材料(1升炊き)
フキ         250グラム
ワラビ        200グラム
タケノコ(五三竹) 10本
菜の花か三つ葉  1束
紅ショウガ     適量
薄焼き卵       2枚
うるち米       7合
もち米        3合
 ◇作り方
 @調理前日にうるち米ともち米を合わせて水とぎをします。水切りもしておきましょう
 Aフキ、ワラビ、タケノコを油で炒め、白だし汁4〜5カップ、砂糖、酒、みりん各大さじ3、だしの素大さじ1を入れて味を確認します
 B炒めた具材をザルに上げ、だし汁をボウルに移します
 C鍋に水切りをした米を入れ、ボウルに移しただし汁を3分の2ほど入れて、ザルに上げた具材を入れて炊き、1時間ほど蒸らします
 D鍋の中で米と具材をよく混ぜて器に取り、薄焼き卵の千切り、菜の花、紅ショウガを載せて食べます。
 ◇ポイント もち米は水を吸わないので、炊くときに入れるだし汁の量に注意しましょう。具材はお好みでかまいません。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(揚げ出し豆腐五目あんかけ)
片栗粉は豆腐全体に

 ◇材料(4人分)
豆腐   半丁
タマネギ 2分の1個
エノキ  100グラム
ニンジン 50グラム
シイタケ 4個
 ◇作り方
 @豆腐は4等分に切り、タマネギ、ニンジン、シイタケは千切り、エノキはほぐしておきます
 A豆腐にしょうゆをかけ、片栗粉をまぶして170度の油で揚げます
 B野菜をフライパンで炒め、しょうゆ、酒、みりん各大さじ1、砂糖小さじ1、水大さじ4、酢大さじ2分の1を入れ、沸騰したら水溶き片栗粉大さじ2〜3を入れます
 C程よいとろみになったら器に豆腐を盛りつけ、上からあんをかけます。
 ◇ポイント 豆腐全体に片栗粉をまぶして揚げましょう。むらがあると揚げているときに破裂する恐れがあります。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カニ甲羅揚げ)
ポン酢をかけてもおいしい

 ◇材料(2人分)
毛ガニの甲羅 2枚
毛ガニの身   1杯分
シイタケ     2個
タケノコ     2本
三つ葉     4束
カットレモン  2切れ
 ◇作り方
 @毛ガニは身をほぐしてボウルに入れます
 A千切りしたシイタケ、タケノコ、三つ葉をカニの入ったボウルに入れて卵白1個分、塩少々、うま味調味料小さじ2分の1を加えてよく混ぜます
 B毛ガニの甲羅の内側に小麦粉をまぶし、ボウルの具をたっぷり入れます
 C甲羅の表面に小麦粉をまぶして溶き卵1個分、パン粉を付けて170度の油でゆっくり火が通るまで揚げます
 C皿に盛りつけてカットレモンを添えて食べます。
 ◇ポイント ポン酢をかけて食べてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(カニ玉あんかけ)
片栗粉は何回かに分けて

 ◇材料(4人分)
卵     6個
カニむき身 200グラム
長ネギ   2分の1本
生シイタケ 2個
タケノコ  1本
 ◇作り方
 @卵6個、カニむき身100グラム、塩こしょう少々、酒大さじ2をボウルに入れて混ぜ、4分の1ずつ油を敷いたフライパンに入れて卵焼きを4枚焼きます
 A油を敷いたフライパンに残りのカニむき身100グラム、長ネギ、生シイタケ、タケノコの千切りを入れて炒めます
 Bフライパンに鶏ガラスープ4カップ、オイスターソース大さじ4、ゴマ油大さじ2、酢大さじ1、塩こしょう少々、うま味調味料小さじ1、酒大さじ2を加えます
 C沸騰したら中火にして水溶き片栗粉を適量入れ、あんを作ります
 D器に卵焼きを盛りつけ、あんをかけたら完成です。
 ◇ポイント 水溶き片栗粉は何回かに分けて入れ、とろみを調整してください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(クロガシラの煮付け)
煮こごりもおいしい

 ◇材料(4人分)
内蔵を取り除いたクロガシラ 1枚
コンブ           5センチ角4枚
きざみショウガ       小1かけ
 ◇作り方
 @クロガシラを4つに切り、水洗いしてざるに上げます
 A鍋にコンブを敷き、その上にクロガシラを入れてきざみショウガを上に乗せます
 B鍋にだし汁1カップを入れて強火で煮ます
 C調味料として使用する砂糖、しょうゆ各大さじ4、酒、みりん各大さじ1をボウルに入れて混ぜます
 D煮立ったら調味料を3分の2入れて中火にします
 E残りの調味料を鍋に入れたら完成です。
 ◇ポイント 完成後に火を止めて鍋に入れたまま1、2時間置くと味が良く染み込みます。冷蔵庫に入れて煮こごりにしてもおいしいです。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(切り干し大根煮付け)
味は好みに合わせて

 ◇材料(4人分)
切り干し大根 100グラム
さつま揚げ  1枚
油揚げ    2分の1枚
なると    3分の1本
ひじき    5グラム
 ◇作り方
 @切り干し大根、ひじきは水につけて一晩置き、よく洗ってゴミなどを取り除き、ザルで水を切ります
 Aさつま揚げ、油揚げは千切りにし、なるとは輪切りにします
 B鍋に油を敷いて、ひじき、切り干し大根、さつま揚げ、油揚げの順に入れて炒めます
 Cだし汁2カップ、砂糖、みりん、酒各大さじ1、うまみ調味料小さじ2分の1、だしの素小さじ1を入れ、煮立ってきたら中火にして、切り干し大根がやわらなくなるまで煮ます
 D最後に一味唐辛子少々を入れたら完成です。
 ◇ポイント 味は好みに合わせて煮ながら調整しましょう。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ポテトサラダ)
野菜は塩もみせずに

 ◇材料(4人分)
ジャガイモ 4個
玉ネギ   2分の1個
キュウリ  2分の1個
トマト   2分の1個
オレンジ  1個
 ◇作り方
 @ジャガイモは塩ゆでしてボウルに入れて、ヘラで適度につぶして冷やします
 Aタマネギとキュウリは千切りにしてボウルに入ったジャガイモと合わせます
 Bボウルに塩こしょう少々とマヨネーズ大さじ4を入れて混ぜ合わせたら完成です。皿に盛りつけ、オレンジを添えて食べましょう。
 ◇ポイント タマネギ、キュウリは塩もみせずに混ぜ合わせ、少し置いてから食べてください。食感が違います。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(すき焼き風煮込み巣ごもり盛り)
煮込めば味が出る

 ◇材料(4人分)
牛肉こま切れ 100グラム
ささがきゴボウ 50グラム
しらたき   100グラム
エノキ    100グラム
玉ネギ    2分の1個
長ネギ    2分の1本
温泉卵    4個
 ◇作り方
 @牛肉こま切れ、しらたき、エノキ、玉ネギ、長ネギを食べやすい大きさに切ります
 A鍋にサラダ油大さじ1を敷いて、ささがきしたゴボウを入れ、しらたき、牛肉、野菜の順に入れます
 B鍋に市販のすき焼きのたれ180tを入れ、食材をからめてからだし汁90〜180tを入れて中火で煮込みます
 C十分に煮込んだら火を止め、器に盛りつけて温泉卵を乗せて食べます。
 ◇ポイント 煮込むことで味が出てきます。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ウドのキャラ煮)
味付けは薄めから

 ◇材料(4人分)
ウド   1本
白ごま 小さじ1
 ◇作り方
 @ウドは短冊切りか、ささ切りにして、薄い塩水に10分ほど浸したあと、水洗いしてザルに上げます
 A鍋にゴマ油大さじ1を入れて火にかけ、ウドを炒めます
 B水1カップを入れて煮立ってきたら、砂糖大さじ1、市販のだしつゆ大さじ2〜3、かつおだし顆粒小さじ1を入れ、中火で10分から15分煮て、仕上げに一味唐辛子を好みの量を入れて火を止めます。
 ◇ポイント 味付けは薄めから好みの味に調整してください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(ハマグリ酒蒸し)
蒸し過ぎると固くなる

 ◇材料(4人分)
ハマグリ    600グラム
長ネギ     2分の1本
おろしショウガ 少々
 ◇作り方
 @ハマグリは薄い塩水に漬けて砂出ししたあと2、3回水洗いしてざるに上げます
 Aフライパンに油大さじ1を敷いてバター20グラムを溶かし、ハマグリを入れて2、3回フライパンを返します
 B塩こしょう少々、酒大さじ3をフライパン入れてふたをして2、3分煮立てたら完成です。長ネギと一緒に盛りつけて食べましょう。
 ◇ポイント 蒸し過ぎるとハマグリの身が固くなるので注意してください。
(天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(チキンケチャップ)
鶏もも肉は好みの大きさに

 ◇材料(4人分)
鶏もも肉  120グラム4枚
玉ネギ   2分の1個
ピーマン  1個
ブナシメジ 2分の1株

 ◇作り方
 @玉ネギ、ピーマンは千切りにし、ブナシメジは石づきを落として裂きます
 Aケチャップ1カップ、酒90t、コンデンスミルク大さじ4をボウルに入れて混ぜます
 Bフライパンにオリーブ油大さじ4を敷いて、鶏もも肉、玉ネギ、ピーマン、ブナシメジを焼き、塩こしょうで味付けし、バター20グラムをからめます
 C先ほどボウルに入れて混ぜたケチャップなどをフライパンに流し入れ、食材と混ぜたら完成です。
 ◇ポイント 鶏もも肉は好みの大きさに切りましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)


★ふるさとの味(本マス甘みそあんフライ)
高温で揚げないこと

 ◇材料(4人分)
本マス    4切
生シイタケ  2個
エノキ    50グラム
長ネギ    4分の1本
レタス    2枚
レモン輪切り 4枚

 ◇作り方
 @本マスを観音開きにして中にあんを入れられるようにします
 Aシイタケ、エノキ、長ネギを2センチほどの千切りにします
 Bフライパンにサラダ油大さじ1とバター15グラムを入れて、Aで千切りにした野菜を炒めて甘みそ80グラムを加えます
 C本マスの内側に小麦粉をまぶして、フライパンで炒めた甘みそあんを入れます
 D本マスに小麦粉適量、混ぜた卵2個、パン粉適量を付けます
 E170度の油で揚げたら完成です。レタスを敷いた皿に盛りつけてレモンを添えて食べましょう。
 ◇ポイント 高温で揚げると中の甘みそあんが出てくるので注意しましょう。
 (天まさマスター 杉本正樹)

inserted by FC2 system